建築事例

イメージ

いなほの思い

さぁ、実りある暮らしを。

「いなほ」は私たち日本人にとって親しみやすく、
また、成長する姿を想像させ、
実りの喜びを感じさせてくれるものです。

わかりやすく、親しみやすく、安心できる家づくり。
お客様に、快適で充実した「実りある暮らし」をお届けしたい。
「いなほ工務店」という社名には、そんな思いが込められています。

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

お客様や、各職人、木造建築にあたり木材を実際に育てている人たちに対して、
つねに感謝の気持ちを忘れず仕事をしていこう。
社員一同、謙虚に生きることをモットーにしています。
皆、家づくりが大好きで、それぞれにこだわりは持ちつつも、
お客様のニーズやスタイルを一番に考えます。

少し余談になりますが、
五円玉に稲穂の絵柄が入っているのをご存じですか?
五円といえば、昔から「御縁」にかけてお賽銭に使われることも多いですよね。
私たちと関わるすべての人と、よい御縁がありますように。

いなほ工務店は、日本古来の伝統や風土を考えながら、
まさに米づくりの要素を取り入れた、丁寧な家づくりを目指しています。