ゼロエネルギー住宅

イメージ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

エネルギー消費ゼロを目指して。

断熱性能の向上や住宅設備の効率化により、住まいの省エネは着実に進化しています。
さらに太陽光発電などの創エネシステムも急速に普及。
これらを組み合わせることによって、年間の一次エネルギー(※)消費量の収支を
ゼロまたはマイナスにすることを目指した住宅を「ZEH(ゼッチ)」と呼びます。

ZEHとは「Zero Energy House(ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略で、
今、政府が普及を促進しています。
住まいの性能を高め、快適な省エネを実現し、
使うエネルギーそのものを減らして、エネルギー収支ゼロを目指す。
暮らしにも、環境にも、理想の住まいと言えるでしょう。

いなほ工務店のご提案するGEZELLIG(ヘゼリヒ)シリーズは基本的に、
太陽光発電パネルを搭載すればZEHに対応する仕様になっています。

※エネルギーには2種類あり、石油や石炭、天然ガスといった化石燃料、太陽光など自然界に存在する状態のエネルギーが
一次エネルギー。これらを加工した電気などは二次エネルギーです。

今後のZEH建築目標

いなほ工務店ではZEHの普及に向け、下記の通り2020年度までのZEH普及目標値と、
Nearly ZEH普及目標値を設定いたしましたので公表いたします。

平成29年度
(2017年度)
平成30年度
(2018年度)
平成31年度
(2019年度)
平成32年度
(2020年度)
ZEH受託率 10% 35% 35% 50%
※弊社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したものです。
平成29年度
(2017年度)
平成30年度
(2018年度)
平成31年度
(2019年度)
平成32年度
(2020年度)
Nearly ZEH受託率 0% 20% 20% 20%

エネルギーパス

家の燃費も、わかりやすく。

地球温暖化問題が深刻化し、欧州のEU加盟国では、
一年を通して快適な室内温度を保つために必要なエネルギー量、
つまり「家の燃費」を表示する証明書が義務化されました。
それが「エネルギーパス」で、いなほ工務店は
このエネルギーパスエージェント資格を取得しています。
自動車における「リッターあたり◯キロ」という表示と同じように、
家の燃費もわかりやすく比較できるようになります。

※エネルギーパスはオプションです。日本ERI株式会社

下表はGEZELLIG(ヘゼリヒ)モデルハウス「里山25」の審査結果データです。
「里山25」はSランク評価を獲得しています。

  • 躯体の省エネ性能 (一年間建築物を使用するのに必要となるエネルギー量)
  • 年間光熱費予測 (全館空調した場合の家電を含まない光熱費)
※必要エネルギー:建物が年間を通して、所定の室内温度を保つために必要なエネルギーであり、
 建物外皮・躯体の性能を示すもの。設備効率は含まれない。